「もったいない」状態の資源を再評価し、新たな価値を吹き込みます。

ご挨拶

合同会社ファンタイム は、2016年の冬に創業し、1年ほど事業機会の探求を進めた中で、2018年より「食品小売事業」と「不動産賃貸業」に事業範囲を拡大いたしました。

共通するのは「Revaluate」(再評価)するコト。

「まだ美味しく食べられるのに廃棄されてしまう食品に価値を見出す。」

フードロス問題は、食品ロス削減法が成立するなど国を挙げての取り組み中ですが、弊社も訳あり食品の激安スーパー「マルヤス」におきまして、微力ながら食品ロスの削減に向けて革新的な取り組みを続けております。

「空室で長く放置されている部屋をリフォームし、再生する。」

古くて空室が目立つビルもちょっと手を加えたり、使い方や利用者のターゲットを再評価することで、息を吹き返します。

このようなアクションはまさに当社にとって「楽しい時間(funtime)」です。

今後も既成概念にとらわれず、さまざまなモノ、コトを再評価し、自社の成長と社会への貢献を果たしてまいりたいと考えております。

 

合同会社ファンタイム
代表社員 松井隆

PAGETOP
Copyright © 合同会社ファンタイム All Rights Reserved.